7月の半ばなのに倒れずに相場観察出来ているのが奇跡

By: Kevin Dooley

7月15日。今日でやっと7月の半ばまで来ました。今年の夏は一段と暑いですね。ニュースを見ると、猛暑という種類で括られているけど、タイプとしては急激な部類の猛暑です。一気に10℃も上昇する急変ぶり。これでは体はついていけませんよ。私は、時間を見つけてパソコンとにらめっこして、体が相当疲れている自信があります。

倒れてもおかしくない状態のはずなのに倒れずに普通に相場観察を今日もやることができています。これって、奇跡です。何もしてないかというと、そんなことはありません。疲労回復重視のメニューを食べて、お風呂にもしっかり入って汗を流しています。あと、暑い中で窓を開けて風通しを良くして、カーテンを閉めて、太陽の熱を出来る限り遮断する努力をしています。

トレーダーの方で、家でやっている人は、暑いって思ったらまずカーテンを閉めて熱を絶つようにしましょう。これだけで全然違いますよ。そもそも熱中症の原因は、日光から受けるダメージだと言われています。日光を受けて上昇した体温を下げることが出来なかった結果、意識を失って倒れるのです。体の温度を下げてあげればいいので、部屋でやっている場合は、エアコンをつける、冷たいドリンクを飲むなどして対応させましょう。

ちょっとアドバイスしました。本日の東京時間午前の相場です。クロス円全体を見ると、ポンド円だけ前日比プラスを推移しています。あとは、前日比マイナスになっています。だけど、豪ドル円はもう少し動けば前日比プラスになります。豪ドル円の前日の高値を振り返ってみましょう。前日のニューヨーク時間に更新した91.98が最高値。

10時28分現在の豪ドル円は、91.89です。あと10PIPS上昇すれば、前日比プラスを推移しているポンド円の仲間入りです。92円付近で上値の重さを感じさせながらも、着実に上げてきています。前日の東京時間午後に見たときは弱そうに見えたけど、ニューヨーク時間では意外と強いと思った。そして、今日確認するとやっぱり強い。